知っておきたい!馬プラセンタの効果や人気のサプリ

つらい更年期障害の改善に

ここでは、馬プラセンタが更年期障害を改善する効果・効能を持つ理由をお伝えしていきたいと思います。

馬プラセンタで更年期障害が改善?

年齢を重ねた女性に襲ってくるのが「更年期障害」です。その症状には、個人差はあるものの、とても辛く、苦しんでいる人も多いかと思います。
症状としては、ほてりやのぼせ、多汗、めまい、むくみ、冷え、肩こり、しびれ、イライラ、うつ、眠れない、吐き気など、様々なものがあり、人によってはめまいがひどくて歩けなくなるときもあるそうです。

では、なぜ更年期障害は起こるのでしょうか?
女性が女性らしくあるために、体内で女性ホルモンが分泌されています。この女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」が更年期障害に大きく関係します。エストロゲンは、年齢とともに体内での産生が減っていき、40代でググッと減るそうです。
これにより、体内のホルモンバランスが崩れてしまい、更年期障害の様々な症状が現れるのです。また、このホルモンバランスの乱れに加え、生活環境の変化(介護や子どもの独立など)が重なり、症状がひどくでる人もいます。

原因がエストロゲンの減少にあるため、病院での治療法としてはエストロゲンを投与して、ホルモンを補充するのが主だそうです。しかし、この治療法は、乳がんや子宮がんになる可能性を高める危険性があるため、避ける人も多いと言います。

そこで、更年期障害に悩む人に注目されているのが馬プラセンタです。プラセンタには、内分泌系を調整してくれる働きがあります。これにより、ホルモン補充療法ほどダイレクトではないにも関わらず、エストロゲンが減るのを抑制し、しかも産生を促してくれる作用が期待できるのです。
また、自律神経を整えてくれる働きもあるため、馬プラセンタを摂取していると、特にのぼせやほてり、多汗、イライラといった症状が改善されたと感じる人も多いようです。

具体的に、馬プラセンタに含まれるどんな成分に更年期障害への効果があるかまとめたいと思います。

アミノ酸

ホルモンが作られる過程には、アミノ酸は必要不可欠です。そのため、アミノ酸をしっかりと摂取することがホルモン生成の促進につながり、ホルモンバランスが整い、更年期障害への改善も期待できます。

  • トリプトファン


脳でこれを原料にセロトニンが作られます。このセロトニンはイライラを抑えたり、良い眠りへ導いてくれる働きがあります。

ビタミンB・E

ビタミンB群には、疲労回復効果があるため、更年期の疲れやすさやだるさを改善する働きがあります。また、血行を良くして神経を整えてくれるので、イライラやうつ、肩こりなどにも効果的です。
また、ビタミンEには、ホルモンの産生をコントロールし、バランスを調整してくれる働きがあるため、更年期には必要不可欠です。

核酸

核酸は更年期障害に非常に有効だと言われており、定期的に摂取することで女性ホルモンが増加し、更年期障害の症状が緩和すると言われています。
実際のデータとして、更年期障害でよく感じるほてりや多汗、しびれ、息切れ、不眠、イライラ、うつ、肩こり、吐き気などといった症状がひどい25人の女性に核酸を約2ヵ月摂取してもらい、その違いをまとめたそうです。すると、多くの症状において摂取後に改善が見られ、改善率は65%を超えたそうです。

酵素

エストロゲンの分泌を促進する働きがあります。ホルモンバランスが整うことで、更年期障害の改善が期待できます。

馬プラセンタの更年期障害に関する臨時実験

馬プラセンタを摂取することで更年期障害にどう影響があったのか、そのデータは以下の通りです。

実験1

40~60歳の更年期障害に悩む55名にプラセンタを摂取してもらった。すると、赤ら顔やうつなどの更年期症状に74.5%の改善が見られ、女性ホルモンの数値が56.4%の効果をえられたそうです。

実験2

40~55歳の更年期障害に悩む36名にプラセンタを摂取してもらった。すると、エストロゲンが上昇し、卵胞刺激ホルモンが減少する(ホルモンバランスが整った)など83.3%の効果が見られたそうです。