知っておきたい!馬プラセンタの効果や人気のサプリ

馬プラセンタと豚プラセンタの違い

こちらでは、一般的によく使われている馬プラセンタと豚プラセンタの違いを調べてみました。

馬プラセンタが豚プラセンタより効果がある理由とは?

プラセンタには、馬プラセンタだけではなく、豚や羊のプラセンタもあります。その中でも、馬プラセンタと豚プラセンタは化粧品やサプリメントなど、様々な商品が開発されるぐらい人気です。しかし、各プラセンタの値段には差があり、馬プラセンタのほうが高くなっています。その理由はなんでしょうか。

安全さ

そもそも、なぜ豚と馬のプラセンタしか流通していないかと言うと、「牛や羊などの反芻動物の胎盤をプラセンタの原料に使用してはいけない」という決まりがあるから。そのため、健康食品として流通しているプラセンタは豚由来と馬由来の2種類となっています。

豚に比べ、馬は体温が高いため寄生虫が住みつく心配もなく、生食が可能なほど安全性が高いわけです。しかも、病気にもかかりにくいので、予防接種などの影響を受けることも少なくなります。

そして、豚には豚しかいませんが、馬にはサラブレッドがいます。一般的に馬プラセンタはサラブレッドの胎盤を使用しています。国産サラブレッドは、厳格な血統登録と健康管理が行われており、無農薬飼料で育てられたことまで追跡可能なほど、安全性を目で確認できる信頼の高い種類となります。

企業側も、サラブレッドへの飼料や環境には気を遣っていますが、馬自身もデリケートな性格なので、なんでも口にするようなことはせず、安全だと確信できたものしか食べない性質を持っているので、余計に安全性が高くなります。

とは言え、必ずしも豚が悪いというわけではありません。病気を防ぐために予防接種などを行っているため、その影響はあるかもしれませんが、SPF豚と呼ばれる豚は、大切に育てられており、安全性が高いと言われています。なぜなら、SPF豚は徹底して管理された環境のもと、抗生物質などを与えることも許されず、健康に育てられてこそ与えられる称号なのです。そのため、馬プラセンタは値段的にちょっとという方は、SPF豚を原料とした豚プラセンタを選ぶことが大切です。

成分

馬の胎盤は、アミノ酸含有量が非常に多く、豚の胎盤よりはるかに多くなっています。中には、約300倍と記載しているところもありますが、その数値に関しては違う条件のもとに導き出されたと言われているため、同じ条件で計算してみたところ、馬プラセンタは豚プラセンタより平均して1.5倍のアミノ酸を含むことがわかりました。詳しくは以下の表でご確認ください。

また、馬プラセンタの方が、成分が濃く、しかも豚プラセンタにはない6種類の必須アミノ酸も含まれているため、栄養価が高く、早く効果を実感できると言われています。

アミノ酸 馬プラセンタ
加水分解物
ブタプラセンタ
加水分解物
アスパラギン 7.50 1.8
グルタミン 9.65 2.92
セリン 5.30 2.45
ヒスタチン 7.01 1.21
グリシン 12.08 11.34
トレオニン 2.10 2.21
アルギニン 6.26 1.91
アラニン 5.51 7.77
チロシン 2.26 1.73
システイン 5.06 0.42
バリン 3.27 3.88
メチオニン 1.43 1.22
フェニルアラニン 3.07 1.82
イソロイシン 2.00 2.48
ロイシン 3.59 4.66
リシン 2.51 4.22
プロリン 8.35 4.91
合計 86 56

価格

残念ながら、馬プラセンタよりもはるかに豚プラセンタの方が安価に手に入れることができます。
その理由は、希少さ。一般的に馬プラセンタの原料となる馬はサラブレッドだというお話をしましたが、サラブレッドの中でも胎盤を持つことができるのは全体の4分の1ほどだそうです。しかも、馬は1年に1度、1頭しか生むことができません。その際に採取できるのは、たったの3kgほどのエキスだけだそうです。

つまり、1頭につき、1年に3kg以下のプラセンタエキスしか得られないということです。なぜ3kg以下なのかというと、馬は出産後に胎盤を食べてしまうことがあるため、必ず3kg分が手に入るとは言えないからです。

馬プラセンタを使ったサプリメントをたくさん作ることが難しいこと、ご理解いただけたでしょうか。
逆に、豚は1年に10頭ほど生むと言われていますので、安価で市場に出回るのは仕方ありません。

安全性、成分の濃さ、効果の高さで馬プラセンタの方が人気が高いわけですが、値段を低く抑えたい企業にはまだまだ豚プラセンタも人気があります。
どちらを選ぶかはあなた次第なので、お財布や目的と相談していただければと思います。